自己破産とは何か

自己破産をすることで発生するメリットは、債務関係が一斉に精算されることにより以後借入金を返済する義務がなくなることです。それによって自宅や会社で受けていた執拗な取立てから逃れることができるようになります。また、自己破産をしたという個人情報は官報などごく一部の書類に記載されるのみなので、誰でも見ることのできるような一般的な情報としては残りません。ただし裁判所からの通知は自宅で受け取る必要があるので、最低限同居の家族にはあらかじめ理解を得ておくようにしましょう。
裁判所によって免責決定後がなされると債務がゼロになるため、その後の収入によって得る金銭は返済をすることなく自由に使うことができるようになります。また同じく裁判所に復権(免責決定)されることによって破産手続中の不利益はすべて解消されます。自己破産後通常7年程度はローンやクレジットを利用することができなくなりますが、自己破産をすることで借金返済苦から解放されるので新しく人生の立て直しをすることがしやすくなります。 
自己破産手続が開始されると、一定の所有要件のある弁護士、公認会計士、税理士などは一時的に資格停止となってしまいます。そのため資格を所有することによって行われていた業務も、同じ期間中停止となります。その他にも法律的に定められている後見人、保証人などにもなることはできません。
また、自己破産を理由にして勤務先の会社を解雇されることは禁止されていますが、会社の役員であった場合は退任理由とされてしまいます。
借金無料相談com