自己破産の心配

自己破産をしてしまうと、社会的に不名誉な通知がされてしまうのではないかと不安に思っている人も多くいます。しかしそれは大きな誤解であり、意外なほど「自己破産」に関する通知が社会的に広がることはありません。確かに、「自己破産」にはメリットとデメリットの両面があります。しかし自己破産とは債権関係を一時的にきれいに精算するものなので、あながち悪い面ばかりでなく、うまく利用すればその後の生活の立て直しに大きな効果を発揮します。 
自己破産によって得られるもっとも大きなメリットは、債権者からの執拗な取りたてがなくなることです。自己破産申し立てが裁判所になされることにより、債権者に通知書が届くのでそれ以後債権者からのすべての取立てが法律的に禁止になります。
自己破産をしたことは、戸籍や住民票として永続的に記載されることはありません。記録されるのは市町村役場の破産者名簿であり、これは一般の人は見ることができない書類です。さらに、のちに免責決定がされることで名簿から記載を抹消してもらえます。
その他、官報にも自己破産についての文言は載りますが、これは専門家以外の一般の人が見ることはまずありません。自分から申告をしない限り、家族や会社に知られず自己破産手続きを行うことは可能です。またもし自己破産手続きをしたことが勤務先である会社に知られたとしても、それを理由に会社が解雇することもできないことになっています。
借金返済相談に関することならお任せください!